141 - 0022  東京都品川区東五反田5〜21〜13

TEL:03-3441-8267  FAX:03-3441-8268

✉️

E-Mail

● 会長挨拶 ●

令和2年5月20日

ご 挨 拶

東京都教育会会長 有賀 康修


 新型コロナウィルスの感染拡大に直面している時、この度塚越会長代理の後任として東京都教育会会長に就任いたしました。

 最初に、長引く休校にあって、児童・生徒の健康、学習の遅れ、学校再開への準備、教育課程の再検討、遠隔授業実施に向けた整備など山積する教育課題に取り組み、毎日ご尽力くださっている教職員の皆様に敬意と感謝を申し上げます。

 東京都教育会の役員の皆様にお願いです。新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、会の運営は令和2年4月8日付け東京都教育会「当面の運営について」によって進めることになります。

 通信手段による連絡・相談・打ち合わせは、様々な困難を伴います。現時点では、ソフトを導入して在宅で会議を行うことには、予算、設備、ソフトの利用方法など多くの隘路があります。電話とメールによる運営は、不慣れであり誤解が生じるなど、限界があります。これを克服するのは、本会の強みである事務局長を中心とした皆様の信頼関係、協力関係です。本会の強みを活用して、物理的に不足する情報伝達・合意形成の壁を乗り越えていきましょう。よろしくお願いいたします。

 私のいただいた使命は、「つなぐ」ことだと思います。

 第一に、伝統ある本会をこれまで通り運営、維持、存続し次につなげることです。新型コロナウィルスの感染拡大は、会の運営に大きな影響を与えています。九月入学が導入されると、会計年度、人事異動が改定され、本会の黒手帳の発行、研究活動、予算と資金繰りなどにも合わせて改訂を迫られます。

 第二に、文部行政と学校現場をつなぐ役割を果たすことです。GIGAスクール構想の推進に伴う学校現場の声を聞き取り、改善にむけた措置施策を求めていくことです。

 第三に、東京都教育会の主催するSociety5.0を見据えた日本連合教育会東京大会を成功につなげ、東京都から新しい教育の在り方を発進することです。

 ニューヨーク州のクオモ知事は「Built back better(再建するなら、前よりもっとよいものを)」という標語を使うようです。「Built back better(よりよく再建しよう)」とも共通で、頭文字は同じ「BBB」です。ピンチはチャンス。「コロナ・ショック」を活用して東京都の教育をよい方向に変えるチャンスにしていきましょう。皆様のご支援とご協力をお願いします。

以上

Copyright(C) 2017〜2019 東京都教育会. All rights reserved.